LINK
多くの車の保険の会社は行き届いていると宣伝を行いますが自動車事故にあった際にきっちりと対処してくれるか心配ですよね。とりわけインターネットで入る事が出来るダイレクト型と呼称する実際の店舗を所有していない保険会社では対応が見え難いという条件も心細くなってしまいそうです。そうは言っても、ダイレクト型と実際にあるお店を備えている保険会社の取扱いに取り立てて大きな優劣はなく、通販型自動車保険のほうが経費がかからない分月々の保険掛金が低いので事故をしなければ保険掛金を安くすることができます。それでは、自動車保険の会社において対応策に違いが存在するかどうかといえば、あると答えます。その差は代理店型の自動車保険、通販型といった判断ではなく各自動車保険会社ごとに対応をする時間帯や日にちが異なることによります。交通事故はどんな場面で発生するか推測できませんので、事故受付は24時間受付してくれるのは必要な条件で祝日や早朝にそのような事故の対応がきちんきちんとされていることを調べてみることが重要です。自動車保険会社によっては、24時間365日事故の受付となっていても事故対応時間が平日と違い短い場合もあるので調べておくことを忘れてはいけません。また別に、万一に備えて事故拠点もちゃんと調べておくことも忘れてはいけません。どのような大きな会社でも事故処理拠点が多くなければ処理に時間がかかる場面もございますので自宅の近くに対応拠点があるかどうかも事故対応の違いを判断する基準のひとつです。それなりの自動車の保険の会社は区域ごとに事故対応拠点を保有していることもあるので対応も十分でその場面で行わなければならない対応にもしっかりと話ををしてくれると評判です。