LINK
交通事故が起こった場合、自分が自動車の事故の被害者であったとしても、事故を起こした人が責任をひとつも容認しないという事は数限りなくあります。一例として、わざと起こってしまったのではなく注意が足りなくて相手の自動車を激突された際に、そうした争いにつながってしまう危険性がありそうです。そうであっても、そこで車だけの物損片付けられて、数ヵ月後に体の変調が出た時に参考になる診断書提出するというのは対応が遅れる感は否定できません。それならば、事故の過失割合の認定にはどのような認定基準があるのでしょうか?正しく言えば警察が確定するのは核として車での事故の大きな手落ちが認識されるのはどちらであるかという内容であって、過失の割合がどうなのかではありません。明確にされた責任者が警察から公表される場面は考えられません。ですので、過失割合は事故にあった両者の協議によって決められたこの事が賠償の算定基準です。その場合に、共に任意保険に入っていない場合は互いがダイレクトに調整しなければなりません。しかしながら、当然ながらそのやり方では、感情的な問答になる場合が高くなります。その上、互いの主張が食い違えばまかり間違うと、係争にはまり込む、長い年月と裁判にかかるコスト甚大なロスは避けられません。ですからほとんど各々の当事者についている保険会社、そういったお互いの保険の会社にやり取りを委ねる措置を用い、相当な過失の割合がどうなのかを結論付けさせるのです。そのような場合、保険会社は以前の交通事故の事例の判定から計算した認定基準、判例タイムズ等をベースに、推測と相談を行ってどちらに何割過失があるのかを決めます。とは言え、自動車での事故の際には、遭遇したのか原因となってしまったのかに関わらずまず110番に連絡するのが原則です。その後自動車の保険会社にやり取りして、その後の対応を頼むのが順序になります。この手続きさえ理解していれば両方の無益な議論となる場合を未然に防止できます。