LINK
一般的に車の保険の会社は万全と広告していますが、自動車事故を起こした状況で完璧にきっちりと対応してくれるか気になるところです。特にネットで入る事が出来るダイレクト型自動車保険と呼称する実際の代理店をが整っていない自動車の保険会社では顔が見えないということも心配になってしまいがちです。しかしダイレクト系自動車保険と現実のお店がある自動車保険の会社の対応策にそれほど大きな差はございませんしダイレクト系自動車保険のほうが諸経費が節減できる分保険掛金が安いので交通事故にあわなければ保険料を低くすることができるのです。それでは、保険会社で対応に相違がでるかと質問されればイエスと答えます。その差異は代理店型の自動車保険、ダイレクト系自動車保険という判断ではなく、各々の自動車保険会社によって事故処置をしてくれる時間帯や曜日が異なることによります。乗用車の事故はどんな状況であうか予想できませんので、受付は365日対応してくれるところは欠かせない条件で、その上で祝祭日や朝早くに起こった対応がきっちりとされているのかを調べてみることが必要です。会社によっては24時間365日事故の対応となっていても受付時間が平日と休日で違いがあり切り上げられることもあるので確認が重要です。さらに、まさかの時を想定して保険会社の事故対応拠点も正確に調査しておきましょう。たとえ自動車保険会社でも対応拠点が遠くにしかなければ対応に時間がかかる状況もございますので家の近くにあるかを事故の処理のちがいを決める材料です。それなりの自動車保険会社は地方ごとに拠点を保有している場合もございますので事故対応も充実しておりその場でしなければいけない自己対応にもきっちりと話ををくれると評判がいいです。