LINK
自動車の保険には任意保険と自賠責保険の二つの種別がございます。任意保険、自賠責保険の双方ともに、事態など際しての補償を得るものですが、中身は細かな点で違うといえます。2つの保険を比べると補償できるものが差別化されているのです。※相手へは任意保険・自賠責保険どちらでも補償されようになっています。※自分自身には「任意保険」を用いて補償されるようになっています。※自己が所有する財産に対しては、『任意保険』のみで補償します。自賠責保険それだけでは、自分への傷や車両についての補償などの支援は受ける権利がありません。相手方に対する補償などの支援ですが自賠責保険ならば死亡した時は最大額で3000万円・障害を負わせてしまった場合上限額4000万円という風に定められています。しかし実際の賠償額が前に挙げた金額を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。さらに続いて相手方の所有する車両もしくは建物を破壊してしまったときにおいては、事故を起こした者のまったくの自己補償になるという決まりです。ですから任意保険というものが不可欠となるのです。害を被った人の救いを主な役割とするのが任意保険というものですがそれとはまた違う役目が用意されています。※事故の相手へは死亡時もしくは怪我の他にも、クルマ・家といったものの私有財産を賠償します。※自分へは、同伴者も込みで死亡時や傷害を補償してもらえるのです。※自分自身の財産に関しては乗用車を補償するのです。こういった色んな面での補償が抜かりないのが任意保険最大の強みなのです。保険の料金の払い込みは必要とならざるを得ませんが事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分自身のためにも、車に乗るなら任意保険に入っておいた方がよいでしょう。